私たちがつくるエネルギー

「バイオマス」とは、動植物などから生まれた生物資源の総称。
バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。

バイオマス発電

安定的な発電が可能なバイオマス発電

間伐材や竹などの木質系、もみがら・稲わらなどの農林業系資源や、建築廃材など、これまで捨ててしまっていたものをエネルギーに変えて、発電します。
バイオマス発電は火力発電の一種のため、燃料があれば安定的に発電することができます。

3種類のバイオマス発電

バイオマス発電は、バイオマス燃料を直接燃焼して蒸気タービンを回す「直接燃焼方式」
燃料を熱処理することでガス化し、ガスタービンを使って燃焼させることで発電を行う「熱分解ガス化方式」
燃料を発酵させるなど、生物化学的にガスを発生させ、
そのガスをガスタービンで燃焼させて発電する「生物化学的ガス化方式」の3つの種類があります。

信夫山福島電力では、おもに直接燃焼方式の発電所を採用します。

バイオマス発電

カーボンニュートラルでCO2を増加させない

バイオマス発電は、カーボンニュートラルという考え方で、CO2を増加させずにエネルギーを作り出すことができるクリーンな発電方法です。

◎カーボンニュートラルとは……
植物は燃やすとCO2を排出しますが、成長過程では光合成により大気中のCO2を吸収するので、排出と吸収によるCO2のプラスマイナスはゼロになります。そのような炭素循環の考え方のこと。
つまり、二酸化炭素を減らしはしないが増やすこともしないということになります。
また、燃料としてはこれまで廃棄されていたものを利用しますので、廃棄物の残りからエネルギーを取り出して再利用することで無駄なくエネルギーを活用することができます。

バイオマス発電 発電所一覧

現在情報の準備中です

JOIN US

ふくしまのエネルギーづくりに
ご協力ください

信夫山福島電力が、
構想実現から事業推進までの
パートナーとなります。
再生エネルギー候補地や
事業導入についてなど、
ご相談ください。

  • メガソーラー用地/大規模造成が不要な1万坪(3ha)以上の用地・用地・案件・遊休地活用・エネルギー貢献
  • 風力・水力・バイオマス他/民間企業の事業推進支援<br>自治体への再エネ導入・地域活性化支援