会社概要

ABOUT US

「福島県のエネルギーを、
100%自然の力でつくる。」

信夫山福島電力は、恵まれた自然から生み出される、ひかり・風・水のエネルギーとともに
”ふるさと福島”を目指し新しい一歩を踏み出します。

福島市の中心
「信夫山」
から発信

2011年3月の東日本大震災以来、私たちはさまざまな課題に直面することとなりました。
福島県では、今もなお震災や原発事故による爪痕が大きく残されています。

県が掲げる『再生可能エネルギービジョン』は、
震災・原子力災害からの復旧・復興を最重要かつ最優先の課題としています。
私たちはこのビジョンに賛同し、福島市から貢献すべく「信夫山福島電力」を立ち上げました。

信夫山福島電力株式会社

「信夫山(しのぶやま)」とは、古くから市民に愛されてきた山岳信仰の山です。
福島市中央に位置する山で、シンボル的存在になっています。

信夫山福島電力は、信夫山のように中心となって事業に取り組み、
再生可能エネルギー100%の実現を目指します。

私たちは、自然エネルギーで
電力をつくります

信夫山福島電力は、自然エネルギーで福島のエネルギーをつくる電力会社です。
県が掲げる「再生可能エネルギービジョン」に賛同し、安全・安心な社会づくりに貢献します。

福島県が掲げる「再生可能エネルギービジョン」
2040年頃までに実現!県内100%再生可能エネルギー

私たちは、県の掲げる『再生可能エネルギービジョン』に賛同しています。

  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • 水力発電
  • バイオマス発電
  • 地熱発電

震災を機に、あらためて注目されることになった『再生可能エネルギー』。
信夫山福島電力では、太陽光・風力・水力・バイオマスを利用した自然エネルギー事業にとりくみ、原子力に依存しない、安全・安心な社会づくりに貢献します。

グラフ

会社概要

会社名
信夫山福島電力株式会社
所在地
〒960-8031
福島県福島市栄町10番4号 エスケー栄町ビルⅢ
TEL/FAX
TEL:024-521-6182 / FAX:024-521-6121
設立
2016年5月10日
代表取締役
渡邊和弘
資本金
5000万円
従業員数
役員4名 / 一般社員15名 / 顧問3名(2017年5月現在)
共同開発事業者
・ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
 〒106-0032
 東京都港区六本木6丁目2番31号六本木ヒルズノースタワー10階(総合受付)

・一般財団法人ふくしま未来研究会
 〒960-8031
 福島県福島市栄町10番4号 エスケー栄町ビルⅢ

沿革

2017年2月
三重県 津市 ソーラパーク(2MW)買収
2017年3月
西の郷ソーラパーク(44MW) 起工
(2019年12月完成予定)
2017年6月
福島水力発電推進会議 設立
2017年6月現在
小型風力発電 100基建設中(進行中)

» 採用情報はこちら

JOIN US

ふくしまのエネルギーづくりに
ご協力ください

信夫山福島電力が、
構想実現から事業推進までの
パートナーとなります。
再生エネルギー候補地や
事業導入についてなど、
ご相談ください。

  • メガソーラー用地/大規模造成が不要な1万坪(3ha)以上の用地・用地・案件・遊休地活用・エネルギー貢献
  • 風力・水力・バイオマス他/民間企業の事業推進支援<br>自治体への再エネ導入・地域活性化支援