私たちがつくるエネルギー

絶えまなく流れる水のチカラ

山間部上流からの水流を利用する「一級河川」や、構造物の落差を利用する「ダム」「農業用水路」など、
それぞれの環境にあった設備で発電が可能です。

水力発電

さまざまな水のチカラを活かした小水力発電

阿武隈川や荒川、摺上川など水資源が豊富なふくしま。
小水力発電は環境と地域に密着した「流れ込み式」または「水路式」となります。
大規模ダム(貯水池式)、中規模ダム(調整池式)ではなく、河川の水を貯めることなく、そのまま利用する発電方式です。
一般河川、農業用水、砂防ダム、上下水道などを有効利用します。

福島水力発電促進会議〜信夫山福島電力は、「福島水力発電促進会議」に所属しています 〜

信夫山福島電力は、既存ダムを活用して、水力発電の発電量を増大させ、
再生可能エネルギーの発展を目指す【福島水力発電推進会議】に参画し、事務局を務めています。
新たなダムを建設するのではなく、今あるダムを有効利用して、
年間2兆円超の電力を増やそうという「福島発」の取り組みです。

再生可能エネルギー増強のカギ!水力発電は日本の未来を救うエネルギー

純国産
エネルギー
水資源に恵まれた日本にとって、水力発電は純国産エネルギーです。
多くを化石燃料の輸入に頼っている現在のエネルギー資源は、近い将来枯渇するといわれています。水力発電に注力した国産エネルギーの確立は、未来の日本を救う再生可能エネルギーの礎となります。
燃料費が
いらない
水力発電は、火力発電・バイオマス発電のような燃料は不要です。
燃料費が全くかからず、ランニングコストが低いこともメリットです。
燃料不要=温室効果ガスや空気汚染物質も排出しないため、再生可能エネルギーの中でも極めてクリーンな国産エネルギーです。
安定性した
エネルギー
日本は「多雨な気候」であり「山岳地帯が多い地形」です。
そのため日射量や風向きを左右し、太陽光発電や風力発電では発電効率が悪くなる場合があります。一方その特徴により全国にはダムが点在し、水力発電には好条件の環境が整っており、安定したエネルギーとなり得ます。
半永久的に
使える施設
水力発電の施設となるダムは、半永久的に使える施設です。
明治時代に建設されたダムが今も問題なく稼働しているように、ダムは100年後も使える大きな資産です。また日本では多くのダムを建設済みのため、新設せずに既存ダムを活かすことでイニシャルコストも下がります。

信夫山福島電力では、
水力発電を増強することで「再生可能エネルギービジョン」の
達成促進に取り組んでいます。

水力発電所の
レイス事業

改修工事・業務提携・事業譲渡 利益還元

既存水力発電所の
リプレイス事業に必要な
資金調達
は、
信夫山福島電力が
全面バックアップ
します。

リプレイス事業の資金は、基本的に全額弊社がバックアップします。
地方銀行・メガバンク等の金融機関より資金を調達するには、確かな事業性の検討が必要です。
弊社は現在さまざまな業界よりご賛同・ご協力を得て事業化に取り組んでおり、
自ら出資しがたい市町村や土地改良区の依頼を受け、事業検討を推進中です。

「リプレイス事業」とは?

既存ダム改修(リプレイス)=水力発電の能力をアップする

水力発電にはダムが不可欠ですが、日本国内にはすでに多数のダムが建設済みです。
そのため、新設せずとも既存ダムを改修して活かすことで水力発電をおこなうことができます。
既存ダム改修には「ダムの嵩上げ」「設備の改修」「未発電ダムの発電利用」などがあげられます。
「リプレイス事業」とは、既存ダムの改修により、水力発電としての能力を増強することを意味します。

「リプレイス事業」のメリット

コストを抑え水力発電の増強を実現できる

一般的に、水力発電は火力や原子力に比べ発電コストが高いといわれています。
これは、イニシャルコストであるダム建設に巨額の費用がかかるためです。
しかしリプレイス事業の場合、使うのは既存ダムになり、新設に比べはるかにコストを抑えることができます。
さらに水力発電では発電のための燃料が不要なため、ランニングコストの面でもメリットがあります。

信夫山福島電力では、
FIT(固定価格買い取り制度)を活用した
リプレイス事業が見込める水力発電所
を探しています。
リプレイス等の計画や構想があればぜひお話をお聞かせください。

関連書籍のご案内

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編(竹村公太郎監修/福島水力発電促進会議編)

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編
(竹村公太郎監修/福島水力発電促進会議編)

2018年8月3日 発行/東洋経済新報者

信夫山福島電力が事務局を務める「福島水力発電促進会議」は、『竹村理論』に基づき水力発電増強の実現化を図っています。本書は『竹村理論』概要ほか、実戦で浮かんだ問題点や解決策、福島が水力増強に注力する背景などについてあげています。ぜひご一読ください。

詳細はこちら

水力発電

山や川が多い日本の環境に適したエネルギー

水力発電は、山や起伏が多く水資源も豊富な日本にはとって恵まれたエネルギー源です。
太陽光発電や風力発電のように、天候に左右されることもありません。
ダムなど既設の構造物を利用し経済的に活用することも可能です。

水力発電 発電所一覧

現在情報の準備中です
  • すりかみ浄水場小水力発電所

    すりかみ浄水場小水力発電所

    所在地福島県福島市飯坂町字大坊23-3

    発電出力約49.9kW

JOIN US

ふくしまのエネルギーづくりに
ご協力ください

信夫山福島電力が、
構想実現から事業推進までの
パートナーとなります。
再生エネルギー候補地や
事業導入についてなど、
ご相談ください。

  • メガソーラー用地/大規模造成が不要な1万坪(3ha)以上の用地・用地・案件・遊休地活用・エネルギー貢献
  • 風力・水力・バイオマス他/民間企業の事業推進支援<br>自治体への再エネ導入・地域活性化支援