「白河ソーラーパーク」が商業運転を開始しました

掲載日:2021年11月22日

白河ソーラーパーク

【2021年2月撮影】

信夫山福島電力株式会社(福島県福島市、代表取締役:渡辺 和弘 以下「信夫山」)と、ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(東京都港区、代表取締役社長:竹内 一弘 以下「JRE」)及び一般財団法人ふくしま未来研究会(福島県福島市、代表理事:佐藤 勝三 以下「未来研」)が共同出資する合同会社白河ソーラーパークが、福島県白河市で建設を進めていた大規模太陽光発電所「白河ソーラーパーク」が、2021年11月20日に商業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

本プロジェクトは、運転中の太陽光発電所としては東北地方最大級【約73.9MW】となります。(2021年11月21日時点)
信夫山・JRE・未来研の3社は2016年9月に福島県内における再生可能エネルギー発電所の共同開発合意書を締結し、現在は本プロジェクトの他に「西の郷ソーラーパーク(福島県西郷村 設備容量44.0MW)」が運転中、本年6月には「吾妻高原風力発電所(福島県福島市 設備容量32.0MW)」の建設に着手しております。

当社はこれからも、県内での再生可能エネルギーによる発電所の開発を通じ、福島県が『福島県再生可能エネルギー推進ビジョン』のもとに進めている、再生可能エネルギーによる社会づくりに貢献できるよう取り組んでまいります。


【本プロジェクト概要】

発電所名
白河ソーラーパーク
事業主体
合同会社白河ソーラーパーク(信夫山・JRE・未来研の合弁事業体)
設備容量
73,892kw(パネル枚数184,730枚)
年間計画発電量
約7,970万kwh/年(一般家庭約18,120世帯分に相当)
CO2削減量
約41,510トン/年
売電先
東北電力ネットワーク株式会社
工期
2019年5月〜2021年11月
運転開始
2021年11月20日